Markets-Time-Frames-Buttons

Markets-Time-Frames-Buttonsはチャートの画面上から通貨ペア・時間足を切り替える事が出来る指標です。


チャート画面の右上に通貨ペア名と時間足が書かれたボタンが表示されています。
このボタンをクリックする事により、同一画面での通貨ペア・時間足の変更が可能です。



通貨ペアやペア数はパラメータの設定で変更可能です。

複数のチャートに同一のインジケーターを用いている場合等は、表示するチャートやインジケーターの数を減らせますのでPCやMT4に掛かっている負担も軽減出来ます。


Markets-Time-Frames-Buttonsのパラメータ設定

List of symbols
表示を切り替えたい通貨ペアを入力します。気配値表示に表記されている通貨ペア名を入力します。例えばドル円であれば「USDJPY」、ポンドドルであれば「GBPUSD」と入力します。

各通過ペアは「」を用いて「USDJPYGBPUSD」のように区切ります。


Indicator unique ID
インジケーターのID名を決めます。複数のチャートで使用する場合、競合しないようにIDを変えておいた方が良いかもしれません。


Buttons in a horizontal row
ボタンを表示する行数を設定します。デフォルトでは「1」に設定されていますので、各ボタンが1列で表示されます。


Corner
インジケーターの表示位置を「0 ~ 4」の数字で設定します。

0 ・・・ 左上       1 ・・・ 右上       2 ・・・ 左下       3 ・・・ 右下


Horizontal shift
インジケーターの表示位置(左右)を調節します。


Vertical shift
インジケーターの表示位置(上下)を調節します。


Width of buttons
ボタンの横幅を設定します。


Height of buttons
ボタンの縦幅を設定します。


Font size
文字のフォントサイズを変更します。


Font
文字のフォントスタイルを変更します。


Button color / Button border color / Text color - normal / Text color - selected
ボタンや文字の色を変更します。


Transparent buttons?
インジケーターを透過表示するかどうかを設定します。「true」に設定するとチャートやグリッドが上位表示されるようになります。



Markets-Time-Frames-Buttons.mq4

Previous
Next Post »

2 コメント

Click here for コメント
Unknown
admin
2017年12月16日 18:15 ×

こんにちは。さっそく使わせて頂きましたが、EAと同時に使用することはできませんでしょうか?私のMT4ではフリーズしてしまうようです。すみませんが、よろしくおねがいします。

Reply
avatar
fmtx xtmf
admin
2017年12月24日 13:07 ×

>Unknownさん

返答が遅れてしまい申し訳ありません。こちらのインジケーターはEAとの併用は難しいかもしれません。ただ、私の力不足なだけかもしれないので、他の方なら可能かもしれないです。

Reply
avatar
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー