JPN_Time_SubZero

JPN_Time_SubZeroはMT4のチャート下部に日本時間の時刻を表示するインジケータです。


通常の時刻の上に日本時間の時刻が表示されます。時刻の表示方法等をカスタマイズする事が可能です。

パラメータの設定

Time_Interval
表示時刻の間隔を任意の時間足の倍数で設定します。

5分足で 12に設定 ・・・・・ 5×12 = 60  1時間毎に表示
5分足で 6に設定 ・・・・・ 5×6 = 30      30分毎に表示
1時間足で4に設定 ・・・・・ 1×4 = 4     4時間毎に表示

細かく設定すると表示時間が重なったり グリッドが増えて見づらくなったりしますので、色々試して調節して下さい。


Use_Local_PC_Time
PCの時刻に合わせて表示するかどうかを設定します。デフォルトでは「true」になっていますので、PCの時間で時刻が調整されます。「false」に設定すると手動設定に切り替わります。


Time_difference
上記の「Use_Local_PC_Time」を「false」に設定した場合は、ここで時刻の調整を行います。


Grid
チャート上に時刻毎のラインが引かれます。デフォルトのグリッドと被って見づらいという方は「false」を選択して下さい。


YEAR /MONTH / DAY /HOUR /Zero_H / MINUTE /SECOND
年月日と時刻の表示を設定します。「Zero_H」はHourの表示を「01」か「1」に設定できます。


ARROW

時刻の上部に矢印が表示されます。グリットを非表示にしたいけれど時刻の区切りが分かりづらいと言った場合に用いると良いと思います。


New_Line
日時、時刻の表示を1行にするか2行にするかを設定します。数字が重なり合って見づらい場合には下図の様に2行で表示すると良いでしょう。




Grid_Color
グリッドの色を設定します。


Font_Size
時刻のフォントを設定します。


Text_Color
時刻の表示色を設定します。


Use_Color_Grid
「true」に設定すると任意の時刻のグリッドが色付きます。任意の時刻はMQLからプログラムを弄る事で設定可能です。

MQLでファイルを開いて下の方までスクロールします。

// 特定時刻のラインに色付けするなら以下を適当に書き換える」の下に記述されている

 if(hr == 16) MyGridColor = IndianRed;
 if(hr == 21 || hr == 0 || hr == 4) MyGridColor = SteelBlue;

の部分を書き換えます。赤文字の部分が指定時刻、青文字の部分が指定色です。

1行目の意味は「16時の場合、グリッドの色をIndianRedにする」です。赤い部分を好きな時刻に、青い部分を好きな色に変更して下さい。


色については「Red」、「Blue」、「DodgerBlue」、「Green」、「Lime」、「Yellow」、「Gold」、「Orange」辺りが無難では無いかと思います。大文字小文字に注意して下さい。

あと、最後の「 」を忘れないで下さい。


設定が完了したらMQL中央上部にある「Compile」をクリックして下さい。画面下部の「Description」に「0 error(s)」と表示されれば終了です。「Warning(s)」は無視して構いません。


2行目の意味は「21時、0時、4時の場合、グリッドの色をSteelBlueにする」です。条件を増やしたい場合は末尾に「|| hr == 3」の様に記述していけば良いだけです。減らしたい場合は削除です。

設定が完了したら「Compile」をクリックして終了です。


日付が変わる時刻(0時)のグリッドのみを変化させたい場合は、まず

 if(hr == 21 || hr == 0 || hr == 4) MyGridColor = SteelBlue;

の部分はいらないので、先頭を「/*」、末尾を「*/」で囲って非表示にします。

/*
 if(hr == 21 || hr == 0 || hr == 4) MyGridColor = SteelBlue;
*/

上手くいくと囲った部分が灰色に変化します。次に残った1行目を

 if(hr == 0) MyGridColor = Gold;

の様に記述して「Compile」すれば終了です。上手くいけば下図の様に日付が変わる時刻(0時)のグリッドのみ色が変わります。

説明が長くなってすみません。


Use_12_Hour
true」に設定すると時刻を12時間分だけ表示します。それ以前の時刻は非表示になります。


このインジケータはこちらのサイト様が作成したものなのでリンク先からダウンロードして下さい。



Previous
Next Post »
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー