MTF-ATR-Channels

 MTF-ATR-Channelsは移動平均線の上下にATRを用いたバンドを複数引いた指標をマルチタイムフレーム表示できる指標です。


上の図では4時間足のチャートに日足のATR-Channelを表示させています。移動平均線の上下には、ATRのバンドが3本ずつ引かれます。また、バンドの幅は倍率によって設定する事が出来ます。

相場が乱れるような大きなファンダメンタルズの要因が無い限りは各ATRが支持線、抵抗線や押し目買い(売り)、利益確定の目安として機能しています。


・パラメータの設定

Time_Frame
チャートに表示するATR-Channelの時間足を設定します。

5分足 = 5     15分足 = 15     30分足 = 30     1時間足 = 60

4時間足 = 240     日足 = 1440     週足 = 10080     月足 = 43200 


Periods_ATR
ATRの期間を設定します。初期設定では18日に設定してあります。


MA_Periods
移動平均線の期間を設定します。初期設定では49日に設定してあります。


MA_type
使用する移動平均線の種類です。0 ~ 3の数字で設定します。

0 = SMA(単純移動平均線)
1 = EMA(指数平滑移動平均線)
2 = SMMA(平滑移動平均線)
3 = LWMA(加重移動平均線)


Mult_Factor1/2/3
個々のATRバンドの倍率を設定します。


 MTF-ATR-Channels.mq4


トレンド一覧    オシレータ一覧    その他一覧
Previous
Next Post »
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー