HMA_Color&Alerts

HMA_Color&AlertHMA(ハル移動平均線)をトレンドの変化で色分けし、アラート機能を追加した指標です。


上図では1時間足のチャートにHMAを表示しています。HMAは上昇・下降トレンド別に色分けされ、アラート音もトレンド別に変更する事が可能です。

HMA_Color&Alertのパラメータ設定

HMA_Period
HMAの期間を設定します。


HMA_Applied_Price
HMAの適用価格を選択します。


Line_Width
ラインの太さを「H1 ~ H5」の中から選択します。


Line_Style
ラインのスタイルを変更します。


Up_Trend_Color / Down_Trend_Color
ラインの色を選択します。


Use_Custom_Bars
インジケータの描画本数を変更可能にするかどうかを選択します。デフォルトでは「true」に設定してあります。

「true」 = 変更可能。

「false」 = 変更不可。全ての足に描画されます。


Custom_Bars
インジケータの描画本数を設定します。「Use_Custom_Bars」を「true」に設定している場合のみ適用されます。

デフォルトでは「1,440」に設定してありますので、1分足で1日分のラインが描画されます。最低描画本数は HMAの設定期間になります。



アラートのパラメータ設定

Use_Trend_Alert
トレンドの変化を知らせるアラートを使用するかどうかを設定します。


Real_Time_Alert
アラートを作動させるタイミングを設定します。

「true」 ・・・ HMAが設定水準に達した時点でアラートが作動します。

「false」 ・・・ 時間足が確定した時に HMAが設定水準に達している場合、アラートが
                作動します。実際にアラートが作動するのは次の時間足の始値です。


Use_Alert_Message
アラート作動時に表示されるメッセージ画面を使用するかどうかを設定します。「false」を選択するとアラート音のみになります。


Up_Trend_Sound / Down_Trend_Sound
各サインの発生時に鳴るアラート音の種類を設定します。設定方法は以下の通りです。

ツール」→「オプション」→「音声設定」を開く。

有効にする」のチェックボックスにチェックを入れる。

使用するアラート音のベルマークに×がついている場合は、ダブルクリックして×印を消す。

メニュー内の「フォルダー名」にある「○○○.wav」の○○○部分をパラメータの「Alert」部分に入力する。


作成した音声ファイルを使用する場合はMT4のプログラムフォルダのサウンドフォルダに音声ファイルを保存し、パラメータの「Alert」部分にファイル名(.wavを除く)を入力します。

なお、音声ファイルの拡張子は「.wav」になります

また、2種類以上のアラート音を使用する場合は「Use_Alert_Message」を「false」に設定する必要がありますので注意して下さい。つまり、アラート作動時にアラートメッセージは表示されなくなります。


Previous
Next Post »
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー