MTF-Ichimoku_Si (マルチタイムフレーム一目均衡表)

MTF-Ichimoku_Siは一目均衡表をマルチタイムフレーム表示する事が出来る指標です。


上図では15分足のチャートに1時間足の一目均衡表を表示させています。MT4に標準搭載されている物と比較すると先行スパンの雲が飛び出ていませんが、トレードに影響は無いと思います。
基準線・転換線・遅行スパン・雲はそれぞれ左右にシフトさせることが可能です(雲は雲として動きます)。また、必要のないラインは非表示にする事が可能です(雲はまとめて消えます)。


MTF-Ichimoku_Siのパラメータ設定

パラメータが見づらい場合はパラメータウィンドウの下部を下方向へドラッグして広げると若干ですが見易くなると思います。

Time_Frame
一目均衡表の時間足を設定します。「Current」を選択すると通常の一目均衡表が表示されます。


Tenkan_Period / Kijyun_Period / Span_B_Period
転換線・基準線・先行スパンBの期間を設定します。


Tenkan_Shift / Kijyun_Shift / Chikou_Shift / Kumo_Shift
各ラインを左右へシフトさせる事が出来ます。正負の整数を入力します。


Tenkan_Width / Kijyun_Width / Chikou_Width / Span_Width
各ラインの太さを設定します。基本的に雲の点線は変更できませんが変更したい場合は「色の設定」から変更して下さい。


Tenkan_Color / Kijyun_Color / Chikou_Color
転換線・基準線・遅行スパンのラインの色を設定します。


Up_Trend_Cloud_Color / Down_Trend_Cloud_Color
上昇・下降トレンド時の雲の色を設定します。


Span_A_Color / Span_B_Color
先行スパンA・先行スパンBのラインの色を設定します。


Use_Tenkan / Use_Kijyun / Use_Chikou / Use_Kumo
各ラインを使用するかどうかを設定します。「false」を選択すると非表示になります。


Decimal_Place
ポップアップウィンドウに表示される価格の、小数点以下の桁数を設定します。


Use_Custom_Bars
一目均衡表の描画数を変更出来るようにするかどうかを設定します。

「true」 = 変更可能、  「false」 = 変更不可。チャート全体に描画されます。


Custom_Bars
一目均衡表の描画数を設定します。最低描画本数は10本で、それ以下を設定すると10本分描画されます。

指標を複数表示する場合は、必要の無いラインを非表示にすると画面が見易くなると思います。色々と試してみて下さい。






Previous
Next Post »

2 コメント

Click here for コメント
匿名
admin
2017年8月8日 16:44 ×

はじめまして。
こちらのようなインジをずっと探していたので、偶然発見できてとても喜んでいます。
月足まで表示できるのが本当に嬉しいです。
ひとつ、質問というか、お願いがあるのですが。。
雲の表示なのですが、通常の(MT4標準搭載の)一目は、もう少し先の時間まで雲が表示されています。
たとえば4時間足でしたら、だいたい4日先くらいまで。。
こんなふうに、少し先まで、雲を表示させることは出来ますでしょうか?
要は、私は、雲の表示を、「-26」にシフトして表示させたいのですが、現状ですと、雲が無くなってしまうので、現値まで雲が表示されている状態にすることが可能であれば、お願いしたく思います。
いきなりやってきて、お忙しいところ図々しく申し訳ありません。。。
検討頂ければ嬉しいです。どうぞ宜しくお願い致します。

Reply
avatar
fmtx xtmf
admin
2017年8月10日 18:02 ×

インジケーターを使って頂いてありがたいです。このインジケーターに関しては色々な理由で雲の先を表示するのは難しいです。すみませんm(_ _)m

Reply
avatar
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー