MTF-MACD_4Colors & Alerts

MTF-MACD_4Colors & AlertsMACDを 4色表示するマルチタイムフレーム指標です。ラインの線種、色分けの方法、アラート・メール機能の設定などが可能です。


上図のチャートには、通常のMACDを トレンドの方向、レベル別に 4色で表示しています。MACDは通常の 1色表示にする事も可能です。


こちらはMACDをマルチタイムフレーム表示させたものです。

上図のヒストグラムをライン表示させたものです。



また、ラインの色は 4色表示だけではなく、MACDとシグナルの上下関係で色分けする事も可能になっています。上のタイプの場合は、ゴールデンクロス・デッドクロスで色が切り替わります。

このタイプは 4色にすると見た目が良くないので 2色表示になります。


こちらはベースライン(0のライン)で色が切り替わります。上のタイプと同様に 2色表示です。


明度が高い色を使用するとヒストグラム表示させた際に目が痛くなるので、色は地味なものを選択してます。派手な色は避けた方が無難だと思います。

MTF-MACD_4Colors_on_Alertsのパラメータ設定

MACDの基本設定

Time_Frame
作成する移動平均線の時間足を設定します。設定は選択式になっています。デフォルトでは「Current」に設定されていますので、通常の移動平均線が描画されます。


FastEMA_Period / SlowEMA_Period / Signal_Period
MACDとシグナルの各期間を設定します。


MA_Applied_Price
MACDを計算する際の適用価格を設定します。設定は選択式になっており、価格は以下の 4種から選択します。

Close     Open     High     Low


Signal_Method
シグナルに適用する移動平均線の種類です。設定は選択式になっており、以下の 4種から選択します。

SMA(単純移動平均線)
EMA(指数平滑移動平均線)
SMMA(平滑移動平均線)
LWMA(加重移動平均線)


MACDのライン設定

MACD_Shift
MACDとシグナルを左右へシフトします。正負の値を入力して下さい。正の値を入力すると移動平均線が右へ、負の値を入力すると左へシフトします。デフォルトでは 0に設定してあります。


MACD_Line_Width
MACDの太さを設定します。ラインの太さは L1~L5 の中から選択します。一番下の「_」はエラー回避の為に入れているだけなので気にしなくて良いです。選択するとL1に設定されます。


MACD_Line_Style
MACDの描画方法を選択します。「Line_Width」で「L1」を選択した場合のみ変更可能です。直線を点線等に変更する事が出来ます。

MACD_Upper_Level_Up_Trend_Color / MACD_Upper_Level_Down_Trend_Color
MACD_Lower_Level_Up_Trend_Color / MACD_Lower_Level_Down_Trend_Color
MACDの色を選択します。色が変化する部分は以下の順番通りです。

・ 0以上で上昇トレンドを描いている部分の色
・ 0以上で下降トレンドを描いている部分の色
・ 0以下で上昇トレンドを描いている部分の色
・ 0以下で下降トレンドを描いている部分の色


MACD_MODE
MACDの表示方法を選択します。

Line ・・・・・・・・ MACDをライン表示します。

Histogram ・・・ MACDをヒストグラム表示します。


Regular_MACD___Line_Color_coding
MACDの色分け方法を選択します。方法は以下の 4タイプから選択します。

Trend_Line
トレンドの上昇・下降に応じて色が変化します。マルチタイムフレームの時は 4色、通常使用の時は 2色表示になります。

Base_Line
ベースラインの上下で色分けします。MACDのベースラインは 0ラインになります。

Intersection_of_2Lines
MACDとシグナルのクロスで色分けします。

Standard
通常のMACDのように、MACDはシルバー、シグナルは赤で表示されます。


MACDのライン設定

Signal_Line_Width
シグナルの太さを設定します。ラインの太さは L1~L5 の中から選択します。


Signal_Line_Style

シグナルの描画方法を選択します。「Line_Width」で「L1」を選択した場合のみ変更可能です。直線を点線等に変更する事が出来ます。


Signal_Color
シグナルの色を選択します。


アラート・メールの設定

Use_Alert
アラート・メール送信機能を使用するかどうかを選択します。


Use_Line_Cross_Alert

MACDとシグナルがクロスした際に、アラートを作動させるかどうかを設定します。


Use_Base_Line_Cross_Alert

MACDがベースライン( 0ライン)とクロスした際に、アラートを作動させるかどうかを選択します。


Real_Time_Alert
アラートを作動させるタイミングを設定します。

「true」 ・・・ MACDが設定水準に達した時点でアラートが作動します。

「false」 ・・・ 時間足が確定した時に MACDが設定水準に達している場合、アラートが
                      作動します。実際にアラートが作動するのは次の時間足の始値です。


Send_Email

アラートが作動した時に、登録先のアドレスへメールを送信するかどうかを設定します。


Use_Custom_Bars
インジケータの描画本数を変更可能にするかどうかを選択します。デフォルトでは「true」に設定してあります。

「true」 = 変更可能。

「false」 = 変更不可。全ての足に描画されます。


Custom_Bars
インジケータの描画本数を設定します。「Use_Custom_Bars」を「true」に設定している場合のみ適用されます。

デフォルトでは「1,440」に設定してありますので、1分足で 1日分のラインが描画されます。最低描画本数は 2本です。


Safe_Mode

MACDのタイムフレーム期間を「W1(週足)」、「MN(月足)」に設定して 1分足等の短期チャートを開くとPCがフリーズする可能性があるので、セーフモードを設けました。

セーフモードは「On」に設定されており、「W1」、「MN」に設定している状態で 1時間足以下のチャート画面を開くと、自動的に通常のMACDが表示されます。

週足、月足のMTF指標は 1時間足以下のチャートに表示しても殆どメリットがありません。長期スパンでの確認をするのであれば、週足、月足の画面を直接見た方が早いですし見易いです。

なので、セーフモードを「Off」にする必要は無いと思います。




Previous
Next Post »

2 コメント

Click here for コメント
匿名
admin
2018年12月1日 12:17 ×

修正対応ありがとうございます。
少し修正依頼の現象の書き方が間違っていたので、具体的に順序立てて説明します。

Real_Time_Alertをoffにしています。
例えば、1時間足でラインが9:00にGCクロスが確定したとします。確定するまではメールは届きません。
まず、9:00に買いのメールが来ます。特にクロスが変わっていないのに、9:07(何分かは決まっていないもよう)にまた買いのメールが来る。その後、9:23、9:47、10:00にと何通も同じ売買サイン届くという現象です。(次の足の確定時のメールは確認のためにいいと思います)

それから、v2.3では本文に【Buy_Signal】、【Sell_Signal】の文言が消えてしまったので、
復活していただけると助かります。

よろしくお願いします。

Reply
avatar
fmtx xtmf
admin
2018年12月4日 23:21 ×

修正したものをアップロードしました。テストした限りでは問題はありませんでしたが、どうもバグみたいなのでたまに出てしまうかもしれません。

Reply
avatar
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー