MTF-MA_v2(マルチタイムフレーム移動平均線)

MTF-MA_v2は、MTF-MAのパラメータ入力を簡易にした指標です。ラインの種類、太さ、長さ等も同画面で変更可能にしました。


チャート上にMTF-MAが描画されます。通常の移動平均線も描画可能です。

MTF-MA_v2のパラメータ設定

Time_Frame
作成する移動平均線の時間足を設定します。設定は選択式になっています。デフォルトでは「Current」に設定されていますので、通常の移動平均線が描画されます。


MA_Period
移動平均線の期間を設定します。


Line_Style
移動平均線の描画方法を選択します。


Line_Width
移動平均線の太さを設定します。ラインの太さはL1~L5の中から選択します。一番下の「_」はエラー回避の為に入れているだけなので気にしなくて良いです。選択するとL1に設定されます。


MA_Method
使用する移動平均線の種類です。設定は選択式になっており、以下の 4種から選択します。

SMA(単純移動平均線)
EMA(指数平滑移動平均線)
SMMA(平滑移動平均線)
LWMA(加重移動平均線)


MA_Applied_Price
どの価格を用いて移動平均線を求めるかを設定します。設定は選択式になっており、価格は以下の 7種から選択します。

Close     Open     High     Low
     


MA_Shift
移動平均線を左右へシフトします。正負の値を入力して下さい。正の値を入力すると移動平均線が右へ、負の値を入力すると左へシフトします。デフォルトでは 0に設定してあります。


Line_Color
移動平均線のライン色を選択します。


Use_Custom_Bars
インジケータの描画本数を変更可能にするかどうかを選択します。デフォルトでは「true」に設定してあります。

「true」 = 変更可能。

「false」 = 変更不可。全ての足に描画されます。


Custom_Bars
インジケータの描画本数を設定します。「Use_Custom_Bars」を「true」に設定している場合のみ適用されます。

デフォルトでは「2,880」に設定してありますので、1分足で2日分のラインが描画されます。最低描画本数は 100本です


MTF_MA_v2.ex4


関連指標: MTF-MA     MTF-MA_3Lines_v1

トレンド一覧    オシレータ一覧    その他一覧


Previous
Next Post »

2 コメント

Click here for コメント
iron d
admin
2017年2月5日 15:27 ×

こんにちは

以前MTF-Pivot_V2でお世話になった者です
その後とても快適にトレードできています

今回はこのMTF-MA_v2をMTF-Pivot_V2の時間軸パラメーターH2,H6,H8,H12等を追加していただけないかなと思っています

お時間のある時で構いませんのでご返答いただけると嬉しいです

Reply
avatar
fmtx xtmf
admin
2017年2月5日 23:29 ×

>iron dさんへ
Pivotは作成したにも拘らず、基本的なMAで作成していませんでしたね。試しに2時間足版を作成してみたのですが何とかなりそうです。

相場が動いてから色々とテストをしなくてはならないので、完成は明日以降になりそうです。

完成したら記事を書いておきますので暫くお待ち下さい。

Reply
avatar
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー