XM マイクロ口座でトレードできない場合の対処法

マイクロ口座を開設後、MT4でトレードしようとしてもトレード出来ない場合の対処法

マイクロ口座用の通貨ペアを設定しましょう

マイクロ口座を開設した直後の、MT4の通貨ペアはスタンダード口座・XM_Zero口座で用いられる標準タイプが表示されています。



ですからマイクロ口座で通貨ペアの一覧を表示すると、上図のようにグレーアウト表示になっています。このままでは取引を開始する事が出来ませんから、通貨ペアの設定を変更しましょう。


通貨ペアの設定手順

まず、MT4の左上のメニューから「気配値表示」を選択してクリックします。



気配値表示の画面上で右クリックし、「通貨ペア」をクリックします。



上図のように、表示された通貨ペアリストにある「Forex3」、「Forex_1_Mic」、「Forex_2_Mic」フォルダを選択し、「非表示」ボタンをクリックして下さい。一旦全てのペアを気配値表示から消去します。



次にForex_2_Mic」フォルダを開いて表示したい通貨ペアを選択し「表示」ボタンをクリックします。先に全ての通貨ペアを非表示にしたのは、表示したい通貨ペアだけを選択していった方が設定が簡単で実際に利用する際に見易いからです。


通貨ペアがきちんと選択されれば上図のように黄色いマークが表示されます。



設定を終えた気配値表示です。使用するものだけを表示しているのですっきりしています。また、通貨ペアの後ろに「micro」と表示されています。これはマイクロ口座専用の通貨ペアである事を表しています。



せっかくですので、設定を保存しましょう。気配値表示上で右クリックし「セット」から「名前をつけて保存」と進みます。設定ファイルに名前を付け終えると上図の赤丸のように保存した設定が表示されます。

この設定ファイルを複数作成しておくと、状況に応じて通貨ペアの表示を変更する事が可能になります。



設定が終了したらチャートを開いてみましょう。上図のようにチャート名が「通貨ペア名+micro」 と表示されていれば設定は成功です。



最後にチャート上で右クリックしてみましょう。選択肢の中に注文関連の項目が表示されていればトレードを開始する事が出来ます。


Previous
Next Post »
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー