XMの口座開設の方法と手順

こちらではXMの口座開設の方法と手順を簡潔に説明しています。もし宜しければ参考にしてみて下さい。




最初に用意しておくと良い必須のもの

身分証明書」と「住所確認書」を用意しておくと手続きがスムーズに行えます。

身分証明書として認められるもの
・有効なパスポート
・公的な身分証明書(運転免許証、IDカードなど)のカラーコピー
・有効かつ以下の情報を含むもの
 名前(フルネーム)、発行日または有効期限、出生地および生年月日、または納税番号、署名


住所確認書として認められるもの
・国民健康保険証
・住民票
・最近の公共料金の請求書(電気、ガス、水道、電話、インターネット、ケーブルテレビ接続等)
・過去6カ月以内に発行された銀行の利用明細書で、登録住所が確認できるもの。


身分証明書は運転免許証かパスポート、住所確認書は国民健康保険証か請求書であれば、簡単に用意出来ると思います。

注意点
現住所と用意した物に記載されている住所が異なっていると却下されますので注意して下さい。


また、上記の物をコピーできるものを準備しておくと更によいです。
・スマホ スキャナ スキャナ付のプリンタ等

※本人確認書類として、GIF、JPG、PNG、PDFファイル等にしてアップロードする為です。



口座の開設手続き

以下のリンク先から口座の開設画面を開きます。



リンクをクリックすると下の画像のような画面が出てきますので、画像の右下に表示されている「口座を開設する」をクリックして下さい。



ここからは入力フォームに必要事項を入力していきます。空欄には例として仮の情報を入力していますので、参考にしてみて下さい。


敬称は「」、「夫人」から適当な方を選択します。既婚女性以外は「」で良いと思います。


名前を半角英数字で入力します。先頭を大文字にしてありますが、これといって入力規則はありませんので、全て大文字・小文字でも大丈夫ですが、スペルミスだけはしないように気を付けて下さい



電話番号は「+81」の後に入力します。ハイフンは入りませんので続けて入力して下さい。電話番号が「0」で始まる場合(03090等)は先頭の「0」を取るのが普通ですが、取らなくても大丈夫です。後はメールアドレスを入力します。


居住国・希望言語を選択します。


取引プラットフォームタイプは「MT4」か「MT5」を選択します。口座タイプを「マイクロ」、「スタンダード」、「XM Zero」の3つから選択します。入力が完了し、間違いの無いことを確認しましたら「ステップ2へ進む」をクリックして下さい。



こちらは先ほど入力した項目以外の空白に必要事項を入力していきます。
生年月日を入力します。特に問題は無いでしょう。


住所を半角英数字で入力します。住所の入力順は日本とは真逆になります

例 「東京都品川区五反田1-1-1」という住所の場合

「都道府県・市」 欄には 「Shinagawa-ku, Tokyo」と入力。
「区町村~部屋番号」 欄には 「1-1-1, Gotanda」と入力します。

最後の項目は米国市民でない限り「いいえ」を選択します。


口座の基本通貨を「EUR」、「USD」、「JPY」から選択します。特に理由がない限りは「JPY」で良いでしょう。レバレッジは「1:1 ~ 1:888」から選択します。「1:1」はレバレッジ1倍、「1:888」はレバレッジ888倍を表しています。こちらも特に理由がない限りは「1:888」で良いのではないかと思います(この設定は登録後に変更可能です)。

最後に口座ボーナスの受け取りを希望するかどうかを選択します。


次に投資家情報を入力します。最初の投資額以外はアンケートに近いですから気楽に入力して下さい。投資額の単位はドルになります。「5 ~ 200」以外を選択するとレバレッジが引き下げられる可能性があります。


こちらもほぼアンケートですのでサクサクと入力してしまいましょう。


入力の最後は口座のパスワード設定になります。


最後に上記の内容に同意するかどうかをチェックします。それが終わりましたら「リアル口座開設」をクリックしましょう。暫くすると登録したメールアドレス宛にメールが来ますので確認して下さい。





上図のような内容のメールが来ましたら「こちら」と書かれたリンクをクリックして下さい。登録プロセスが完了します。



口座開設の画面が開くと自動的にメールが送信されますので、再度メールボックスを確認して下さい。




1番目の「会員ページへログインしよう」内のリンク先から会員ページのログイン画面へ移動して下さい。




先程のメールに記載してあったIDと、設定したパスワードを入力してログインします。後は口座の有効化をすれば手続きは完了となります。


ログインに成功しても口座が有効になっていませんので、上図に表示されている「こちらより口座を有効化する」をクリックして口座を有効にする手続きを行います。


本人確認の為の書類をアップロードします。冒頭で用意して頂いた「身分証明書」と「住所確認書」のコピーを取り、各ファイルをアップロードします。ファイルの形式は「GIF」,「JPG」,「PNG」,「PDF」になります。



ファイルが正しくアップデートされると先程の画面の下に上図のような表が表示されます。書類の状態がどちらも「認証済」になっていれば問題ありません。


口座開設の手続きはこれで終了です。後は口座が有効になるのを待ちましょう。平日ですと大体2,3時間で有効になります。土日は営業していないので週跨ぎになると3日程掛かります。


口座開設はこちらから

Previous
Next Post »
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー