MT4導入後によくあるフリーズの対処法

MT4のフリーズの主な原因

フリーズの原因は主に下記のようなケースが上げられます。

・不具合のあるインジケータの導入やEAの実行。
・ローソク足の表示のさせ過ぎ(特に 1分足や5分足)。
・インジケータの表示のさせ過ぎ。
・期限切れ(無効な口座)

最後の期限切れに関しては、正確に言うとフリーズではないのでこちらを参考にして下さい。

不具合のあるインジケータの導入やEAの実行によるフリーズの対処法

まずはフリーズしているMT4を強制終了して下さい。その後「プログラム」→「MetaTrader4」→「Meta_Editor」をクリックし、Meta_Editorを起動させます。

インジケータによるフリーズの場合

   
次に「View」→「Navigator」の順にクリックします。すると画面左側にMQ4のフォルダ一覧が表示されますので「Indicators」フォルダを開いて下さい。
問題が出た「ex4」、または「mq4」ファイルを削除するか、別の場所(デスクトップ等)へ移動させます。削除し終えたらMeta_Editorは閉じて構いません。その後MT4を再起動します。

もしもチャート上にインジケータの名残が残っていた場合は「チャート」→「表示中のインジケータ」から削除を行って下さい。何も表示されていない場合でも「表示中のインジケータ」から問題を起こしたインジケータが残っていないかを確認して下さい。

EAによるフリーズの場合

EAによるフリーズの場合も対処法はインジケータの時と殆ど同じです。

Meta_Editor」を起動させたらメニューにある「View」→「Navigator」を順にクリックし、MQL4フォルダ内にある「Experts」を開きます。

次に、問題のあるファイルを削除するか、別の場所(デスクトップ等)へ移動させます。その後、MT4を再起動させます。

不具合の出たファイルは「Meta_Editor」で問題の部分を修正後、元の場所へ戻せば良いです。



次に「ローソク足の過表示」、「インジケータの過表示」によるフリーズの説明に移りますが、この2つの問題は相互作用による所が大きいです。ですから対処法は簡明で、

・重いインジケータ、疑わしいインジケータを一時的に別の場所へ移動させた後に再起動させる

・チャート上に表示させるローソク足の本数を減らす or ヒストリーファイルの削除

のどちらかを選択します。

両方を実行するのが無難なのですが、重いインジケータをどうしても使いたい場合はローソク足を減らし、ローソク足を数多く表示させたい場合は重たいインジケータを取り除いて下さい。各方法は以下の通りです。

ローソク足の過表示よるフリーズの場合

MT4を再起動後、「ツール」→「オプション」→「チャート」を順にクリックし、「チャートの最大バー数」を減らした後、MT4を再起動させれば終了です。


また、MT4を再起動させた時点でフリーズしてしまった場合は再度MT4を終了させ、「プログラム」→「Meta_Trader4」→「Meta_Editor」を順にクリックして下さい。

次にメニューから「File」→「Open_Data_Folder」をクリックして下さい。


  
左図が表示されたら「history」を選択し、次に右図の「GKFX-Demo-1」をクリックします。右図の画面で該当のフォルダが見当たらない場合はフォルダの上にカーソルを移動させ、フォルダのサイズを確認して下さい。大きいサイズのフォルダが恐らくヒストリーファイルが入ったフォルダです。


上図に表示されているのがヒストリーファイルです。拡張子は「hst」となっています。問題を起こしていると思われる、サイズの大きなファイルを見つけたらその通貨のヒストリーファイルを全て削除して下さい。

上図には1分足のファイルが無いのですが、「通貨ペア名.1.hst ~ 通貨ペア名.43200.hst」をまとめて削除します。

後はMT4を再起動すれば終了です。

インジケータの過表示よるフリーズの場合

こちらは先述した不具合のあるインジケータによるフリーズの対処法と同じですのでそちらを参考にして下さい。





Previous
Next Post »
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー