インジケータファイルについて

ここではインジケータファイルについての説明をしています。

カスタムインジケータとは?

カスタムインジケータとはMQL(Meta_Editor)を使用して自ら作成したインジケータの事を指します。カスタムインジケータの魅力は自分が望むようなものを作成できるだけではなく、他の人が作成したものを使用したり、改良を加えて使用できる点です。

例えば、MACD1つを取ってもMACD-colorMACD-LSMAMACD & OsMAOsMA(Moving Average of Oscillator)ZeroLAG-MACDMTF-MACD等、様々な種類のMACDがあります。

ex.4ファイルとmq.4ファイルの違い

インジケータファイルには「ex.4」、「mq.4」という 2種類のファイルがあります。このファイル名の後ろに記述された「ex.4」、「mq.4」を「拡張子」といい、ファイルの種類を表しています。

ex.4」ファイルはインジケータプログラムの実行ファイルで、指定のフォルダにセットするだけでインジケータを使用する事が出来るようになります。

mq.4」ファイルはインジケータプログラムを編集・作成するファイルです。編集や作成は基本的にMQLを用いて行います。こちらのファイルは指定のフォルダにセットすると、使用の際に自動的に「ex.4」ファイルが作成されます。

ex.4ファイル・・・プログラムの実行ファイル。
mq.4ファイル・・・プログラムの編集・作成ファイル。使用時にex.4ファイルが作成され実行される。


ファイルのセット方法はこちらを参照して下さい。


Previous
Next Post »
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー