一目均衡表


一目均衡表は異なる期間・価格・設定を元に計算した5本の線で構成された複合的なテクニカル指標です。扱いが難しいものの、トレンドの転換や相場の強弱、支持線や抵抗線の判断・分析等が出来る為、根強い人気のある指標でもあります。


5本の線の各名称と計算式は以下のようになります。
転換線 = ( 9日間の最高値 + 最安値 ) / 2
基準線 = ( 26日間の最高値 + 最安値 ) / 2
先行スパン1 = (転換値+基準値) / 2  (直近を含む26日先の足に記入)
先行スパン2 = (直近52日間の最高値+最安値) / 2  (直近を含む26日先に記入)
遅行スパン = 当日の終値を直近を含む26日前の足に記入

抵抗帯(雲)・・・先行スパン1,2に挟まれた区間(領域)の帯。

一目均衡表はこの5本の線と抵抗帯で構成されています。
始めは転換線・基準線、先行スパン1,2と雲、遅行スパンの3グループで構成されていると覚えると良いでしょう。

転換線と基準線は最高値と最安値の平均値です。任意の期間における価格帯の更新(新高値・新安値)により値が変化する訳ですからトレンドの方向や転換を判断することが出来ます。

先行スパン1は転換線と基準線の平均値、先行スパン2は52日間の最高値・最安値の平均値で作られた線で、それぞれ26日分だけ先へスライドさせてあります。この2本の線が支持線・抵抗線の役割を果たします。

遅行スパンは一言で言えば26日モメンタムです。現在と26日前の終値の水準を比較します。


転換線、基準線の構造・使用方法は移動平均線と変わりません。転換線が基準線より上で推移していれば上昇トレンド、下で推移していれば下降トレンドと判断します。

ですから図の赤丸Aのように、転換線が基準線を上から下に抜けた時を下降トレンドへの転換と見て売り、逆に青丸Aのように下から上へ抜けたところを上昇トレンドへの転換と見て買うわけです。

注意するのは2本の線がクロスした際に、基準線が転換線と同一方向に向いている場合のみ売買が可能であるという点です。赤丸Aの場合は売買可能ですが、青丸Bは見送ります。

青丸Aに関しては基準線が下落の後、横ばいの所をクロスですから見送るのが無難です。

また、移動平均線同様、2本の線でのクロストレードはダマシが多く発生します。赤丸Bのようにきれいなシグナルが出現しても上手くいかない場面が多く見られます。


2本の先行スパンが支持線・抵抗線の役割を果たすと説明しましたが、この2本のライン間で形成される領域を雲(抵抗帯)と呼びます。

雲が価格の下にある場合は上昇トレンド、強気の相場であり、雲は支持帯として働きます。
雲が価格の上にある場合は下落トレンド、弱気の相場であり、雲は抵抗帯として働きます。

また、一般的には雲の厚みがある部分の抵抗は強く、価格が跳ね返り易いとされ、逆に雲の厚みが無い部分は抵抗が弱く、価格が突き抜け易いとされています。

上の図では価格が抵抗帯に押さえつけれてた後、下落しています。


遅行スパンは現在と26日前の価格(終値)の比較です。遅行スパンが26日前の価格より上部にあれば上昇トレンド・強気の相場として捉え、26日前の価格より下部にあれば下落トレンド・弱気の相場と捉えます。

よって、遅行スパンが26日前の価格をしたから上に突き抜けた時を上昇トレンドへの転換と見ての買い、上から下に突き抜けた時を下落トレンドへの転換と見ての売りサインとする方法があります。


リアルタイムトレードにおいては遅行スパンを利用するよりは26日モメンタムを用いた方が同一時間上で確認が出来るので見易いと思います。

また、遅行スパンによるトレードは直近の支持線・抵抗線・トレンドラインを用いたブレイクアウト手法に近いので、遅行スパンを主としたトレードをするならばブレイクアウト手法の方が簡易です。

また、先行スパンにより形成される雲の支持帯・抵抗帯を長期スパンで確認してみるとそれ程高い信頼性はありません。将来的な価格の一時的な天井・底値の目安としても気休め程度なのが現状です。やはりこちらも支持線・抵抗線・トレンドラインの方が機能しています。


Previous
Next Post »
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー