Accumulation/Distribution(A/D)

Accumulation/Distributionは相場の価格(高値、安値、終値)と出来高をベースにした指標です。相場のトレンド転換や方向性を確認する為に用いられます。


A/DはRSIやストキャスティクスのような上限、下限値がありません。WilliamsA/Dと同様に相場の価格とオシレーターによるダイバージェンスやコンバージェンスを元にトレードのタイミングを図ります。

Accumulation/Distributionの計算式




H = 高値、L = 安値、C = 終値、Volume = 取引量、A/Dy = 前日のA/D

当日の取引量に変動比を掛けたものを当日の変動量とし、過去の変動量に加えて行きます。


Accumulation/Distributionのトレード方法

ダイバージェンスやコンバージェンスを元にトレードのタイミングを図ります。


上図は一例です。コンバージェンスの発生直後における、A/Dの直近の高値をブレイクした点で買います。

Accumulation/Distribution.mq4

Accumulation/Distribution.mq5

トレンド一覧    オシレータ一覧    その他一覧



Previous
Next Post »
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー