CCI&MA (CCIと移動平均線の描画指標)

CCI-MAはCCIとCCIの平滑移動平均線(SMMA)を表示した指標です。


上の図の様にCCIとSMMAが描画されます。ファイルを入手して開いた際に何も表示されなかったので、プログラムの一部を修正しました。また、100、-100の水準にラインを付け加えてあります。


・パラメータの設定

CCI-MAは以下のようなパラメータが用意されています。
MA_Type
CCIで使用する移動平均線の種類です。0 ~ 4の数字で設定します。

0 = SMA(単純移動平均線)
1 = EMA(指数平滑移動平均線)
2 = SMMA(平滑移動平均線)
3 = LWMA(加重移動平均線)
4 = LSMA(最小平方移動平均線)


MA_Applied_Price
CCIを求める為に使用する価格を 0 ~ 6の数字で設定します。

0 = Close     1 = Open     2 = High     3 = Low

     



CCI_Price_
CCIの計算期間を設定します。初期値は14日に設定してあります。


Smoothing_MA_Type
CCIの移動平均線で使用する移動平均線を 0 ~ 4の中から選択します。初期設定ではSMMAになっています。

0 = SMA(単純移動平均線)
1 = EMA(指数平滑移動平均線)
2 = SMMA(平滑移動平均線)
3 = LWMA(加重移動平均線)
4 = LSMA(最小平方移動平均線)


Smoothing_MA_Period
移動平均線の計算期間を設定します。

Previous
Next Post »
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー