MTF_MACD

MTF-MACDとは、ある時間足のMACDをより小さな時間足のチャートに表示させることが出来る指標です。


上の図では日足のMACDを4時間足に表示させています。


・パラメータについて

MTF-MACDには以下のようなパラメータが用意されています。

Time_Frame
作成する移動平均線の時間足を設定します。全ての時間足は「分単位」で設定します。

5分足 = 5     15分足 = 15     30分足 = 30     1時間足 = 60

4時間足 = 240     日足 = 1440     週足 = 10080     月足 = 43200 


Fast_EMA / SlowEMA / Signal
MACDの設定方法と同様です。


Applied_Price
どの価格を用いて移動平均線を求めるかを 0 ~ 6の数字で設定します。

0 = Close     1 = Open     2 = High     3 = Low

     


MA_Shift
移動平均線を左右へ何本分ずらすかを設定します。デフォルト値は 0です。普通に使用する場合は 0のままで構いません。



大きな時間足のMACDで方向性を確認しながら小さい時間足のMACDでトレードのタイミングを探ると良いでしょう。


MTF-MACD.mq4

MTF-MACD.mq5 (パラメータ設定はMT4版と若干異なります) 


トレンド一覧    オシレータ一覧    その他一覧


Previous
Next Post »
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー