CMO (Chande Momentum Oscillator)

CMOは任意の期間中における価格の変動幅から相場の買われ過ぎ・売られ過ぎを判断する指標です。また、モメンタムとしての性質も持ち合わせている為、相場の勢いを見る事も出来ます。


上の図の赤い線がCMOになります。50、-50の水準に青い点線でラインが引かれており 50のラインを上回った時に買われ過ぎ、-50のラインを下回った時に売られ過ぎと判断します。

・CMOの計算式

A = 任意の期間中における前日比がプラスである値幅を合計した値。

B = 任意の期間中における前日比がマイナスである値幅を合計した値。

前日比 = 当日終値 - 前日終値



例えば、当日から 5日前までの前日比がそれぞれ 12、-5、3、7、-8だとすると

A = 12 + 3 + 7 = 22 (前日比がプラスの値の合計)
B = -5 + (-8) = -13  (前日比がマイナスの値の合計)

値幅を求めるのでBはマイナスの符号が取れて B = 13となります。するとCMOの値は


となります。


・CMOのトレード方法

-50のラインを下から上抜いた時に買い、50のラインを上から下に突き抜けた時に売りとします。また、ダイバージェンスを利用したトレード方法もあります。


CMO.mq4

CMO.mq5

トレンド一覧    オシレータ一覧    その他一覧


Previous
Next Post »
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー