ストキャスティクス

ストキャスティクスは一定期間内における最高値を100、最安値を0とした時に、現在の価格がどの位置(水準)にあるかを示したものです。


ストキャスティクスで使用される値には3つあり、それぞれ「%K」、「%D」、「%SD」と呼ばれています。
「%K」と「%D」の2本のラインを用いたものはファストストキャスティクス、「%D」と「%SD」の2本のラインを用いたものはスローストキャスティクスと呼ばれています。

上の図では「」と「」を表示しています。

2本の線は0を下限、100を上限とした範囲内で振幅し、この数値は期間内における価格の水準(高さ)を表しているのです。上下に引かれた白い点線は「70%ライン」、「30%ライン」と呼ばれ2本の線が「70%ライン」を上回っていると買われ過ぎ、「30%ライン」を下回っていると売られ過ぎと判断します。このラインは「80%-20%」に設定して用いられる事もあります。


・ストキャスティクスの計算式

ストキャスティックスの基本となるライン、「%K」と「%D」、「%SD」は以下の計算式で算出されます。

%K=(今日の終値-過去 n日間の最安値)/(過去 n日間の最高値-過去 n日間の最安値)
%D = %Kの o日移動平均線
%SD = %Dの p日移動平均線            (デフォルト値 ; n, o, p ) = ( 3, 5, 7 )

これがストキャスティクスのベースとなり、実際の価格が更新される度に0~100の間を推移します。「%K」と「%D」を用いたファストストキャスティクスは変化が激しくダマシが多いのであまり使用されません。一般的には「%D」と「%K」を用いたスローストキャスティクスが使用されます。

また、MT4ではスローストキャスティクスがデフォルトで表示されます。


・ストキャスティクスのトレード方法


上の図はスローストキャスティクスを表示しています。買われ過ぎ・売られ過ぎラインは「80%-20%」に設定しています。

買いシグナル
「%D」、「%SD」が20%以下の水準の時に「%D」が「%SD」を下から上に突き抜けた時。
「%D」、「%SD」のどちらか一方が20%ラインを下から上に突き抜けた時。

売りシグナル
「%D」、「%SD」が80%以上の水準の時に「%D」が「%SD」を上から下に突き抜けた時
「%D」、「%SD」のどちらか一方が80%ラインを上から下に突き抜けた時。


基本的なトレード方法は上記の様になります。図のようにストキャスティクスはレンジ相場で有効です。一方、トレンド相場では価格が一方向へ進んでしまい、ストキャスティクスが高水準・低水準に張り付いてしまうので不向きです。

ここまで基本的な使用方法を記述しましたが、ストキャスティクスはRSIと同様に基本的な使い方をしてもパフォーマンスは良くありません。上の図の様な規則正しいレンジ相場の出現頻度が高くないからです。また、レンジ相場でのトレードを考える上では相場のボラティリティも重要になってきます。
Previous
Next Post »
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー