Williams%R

Williams%Rは任意の期間の高値・安値に対して現在の終値がどの水準にあるかを示した指標。ストキャスティクスとは計算の一部の値が異なるものの、基本構造や使用方法は一緒で相場の買われ過ぎや売られ過ぎを判断します。


Williams%Rは上限が 0、下限が-100となり、その範囲内で振幅します。一般的に 0 ~ -20%の間で買われ過ぎ、-80% ~ -100%の間で売られ過ぎと判断します。-10%、-90%と厳しめに設定する場合もあります。

・Williams%Rの計算式


Highest_n = n日間の最高値
Lowest_n = n日間の最安値

MT4では n = 14で設定されています。


・Williams%Rのトレード方法


Williams%Rの値が -80% ~ -100%の範囲にある場合は売られ過ぎと見て買い。
Williams%Rの値が 0 ~ -20%の範囲にある場合は買われ過ぎと見て売り。

と判断するのが一般的ですが、上図の黄色い丸で囲った部分の様にダマシが非常に多いので、他の指標と組み合わせて総合的に判断した方が良いでしょう。

Williams%R.mq4

Williams%R.mq5

トレンド一覧    オシレータ一覧    その他一覧


Previous
Next Post »
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー