OsMA(Moving Average of Oscillator)

OsMAはMACDをベースとした指標で「MACD」と「MACDシグナル」の差を表しています。MACDのシグナルを確認し易くした他に、そのシグナルよりも早く、相場の変化を捉えられる利点があります。


OsMAが 0ラインと交差する点はMACDとシグナルが交差する点と一致します。 0ラインとの交差を確認するだけで良いのでMACDより多少確認し易くなっています。

また、MACDとシグナルの差の変化は「0」、「拡大」、「縮小」、「0」・・・といった変化を繰り返します。通常、この 0点(交差)を確認してからトレードを行いますが、それでは相場に乗り遅れる事が多々あります。

そこで2ラインが拡大から縮小に移る点、OsMAの山の頂点をシグナルとする事でMACDよりも早く反応し、売買をする事が可能になります。


・OsMAの計算式

OsMA = MACD - MACDシグナル

OsMAの計算式はMACDとMACDシグナルの差です。


・OsMAのトレード方法


OsMAを用いたトレードは上の図の様なトレンドが出現している場での順張りが良いでしょう。

通常は図の緑色で囲った部分でのトレードとなります。早さを取るならば黄色で囲った部分の様な山の頂点がシグナルとなります。また、山と山の間である谷の部分における再上昇での押し目買いも有効です。

MACDよりも早く反応できる反面、ダマシが急増しますので、方向性の見えない相場でのトレードは控えた方が良いと言えます。

OsMA.mq4

OsMA.mq5

トレンド一覧    オシレータ一覧    その他一覧



Previous
Next Post »
金融ポータルサイト、Investing.com 日本によって提供されている経済カレンダー